マーク TOPページへ

部門紹介
 







 リハビリテーション課
リハビリテーション課には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・リハビリ助手が所属しており、医師や看護師等の他部署スタッフと連携し、安全かつ質の高いリハビリを提供することに努めています。病院部門と在宅部門に分かれ、入院・外来、入所通所・訪問のリハビリ業務にあたっています。  ・リハビリスタッフ概要
 三愛病院
 理学療法士:6名
 作業療法士:5名
 言語聴覚士:4名
 リハ助手:1.5名
老人保健施設 あうん
 入所:理学療法士2名
 通所:理学療法士1名
訪問リハビリテーション三愛
     理学療法士1名
     作業療法士1名
     言語聴覚士1名
▲ページトップへ 
病院部門
 
入院リハビリテーション

当院では大きく分けて医療病棟、介護病棟から成り立っています。
急性期・回復期リハビリで得られた運動機能等の維持・拡大を図るとともに、生活自立・介護負担軽減などに結びつけていけるよう取り組みます。

外来リハビリテーション

外来リハビリでは通院可能な方を対象としてリハビリテーションを行っています。
骨関節疾患や脳梗塞後遺症など様々な疾患により支障を感じている方に対して、運動療法・物理療法により症状の改善・日常生活の支障をなくすことを目標に行っています。

▲ページトップへ
 在宅部門
 老人保健施設入所

介護を必要とする入所者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、体力増強や基本動作能力の獲得、活動や参加の促進、家庭環境の調整など生活機能向上を目的に、集中的なリハビリテーションを行います。

   
 通所リハビリテーション

在宅で生活をされている介護やリハビリテーション等を必要とされる方が、安定した日常生活が送れるよう、ケアプランにもとづいた心身機能の維持回復、日常生活の自立援助のための取り組みを行います。在宅に赴き実際の動作を踏まえて、御家族・御本人と一緒に目標を立てていきます

   
訪問リハビリテーション
当院では、理学・作業・言語の各専門職による訪問リハビリを行っており、幅広いニーズにお応えしています。
在宅で生活をされているが、心身に何らかの障害を持たれていることで外出が困難な方に対し、居宅を訪問し評価・訓練・住環境整備やアドバイスなどを行っています。

病院から退院したものの、以前とは体の動きが変わってしまい生活がしづらくなった、散歩や買い物に行きたいけれど外に出る階段が怖くて出られない・・などに対し、場面に必要な身体の上手な使い方や動作の工夫を御本人・御家族と一緒に練習していきます。また福祉用具などで動作が容易になることも多々ありますので、それらのご紹介ならびに設置の手伝いをします。

     
▲ページトップへ
 取り組み
ポジショニング・シーティング(ベッド上・車椅子上の姿勢の安定と改善)

 心身の障害による不活動の状態に陥ると、褥瘡・拘縮変形等の廃用症候群を起こしやすくなります。しかし、ベッド上や車椅子上での姿勢を適切に保持できればこれらを予防・改善することが可能です。

当院では医師・リハスタッフ・病棟スタッフが連携をとり、ポジショニング・シーティングに取り組んでいます。

     
     
     
▲ページトップへ 
理学療法(Physical TherapyPT)

事故や病気による障害のために、日常生活動作が難しくなった人々に対し、「運動を中心に」その動作能力の回復や残った運動機能を最大限に発揮するための治療・指導・支援をおこないます。


▲ページトップへ 
理学療法の内容

関節可動域訓練

疾患による臥床や手術にともなう関節可動域の制限の改善や拘縮予防を目的に行います。物理療法や徒手療法を患者さんに合わせて行います。

   
筋力強化トレーニング

身体の状況に応じて、筋力低下を改善させるために行います。
適宜、重りやゴムバンドなどを使用します。

     
体力強化練習

退院に向けて、体力を向上させるために行います。
徐々に歩行距離を伸ばしたり、自転車エルゴメーターなどを使用したりします。

   
バランス能力強化練習

歩行の安定性向上、転倒予防を目的に行います。必要に応じて、道具を使用します。

   


歩行練習

歩容の改善、歩行の安定性向上を目指します。
身体の状態に合わせて、平行棒、杖や歩行器、装具を使用します。

   
 ▲ページトップへ
◆作業療法(Occupational Therapy:OT)


作業療法では人が生活の中で行う様々な行為を「作業活動」と呼び、それを手段として用います。事故や病気により日常生活に支援が必要な方に対し、基本動作や認知機能、食事やトイレ、家事動作などの応用動作、仕事や遊びなどの「作業活動」を通してその人に合わせた回復を目指すものです。また、高次脳機能に対するアプローチ、レクリエーション活動を通した精神の賦活化、生活がしやすくなるような環境調整等も行っています。


作業療法の内容

上肢機能訓練

主に上肢の麻痺や骨折、神経障害などに対して上手く動かせるように練習を行います。
筋の促通訓練、関節可動域訓練、筋力増強訓練、手指の機能訓練などを行っています。

   


日常生活動作訓練

日常生活が送りやすくなるよう、着替えや食事、トイレなどの練習を行います。
また掃除や洗濯など家事動作の練習も行っています。

やりにくい動作に対しては工夫を一緒に考えるなど、生活上のアドバイスを行います。

   


高次脳機能障害に対する訓練

記憶力や注意力、遂行機能、認知機能の障害に対し、計算や書字等の机上課題や環境の調整、生活動作の反復訓練等を行います。

   


手工芸、趣味的活動

手指のリハビリはもとより、気分転換やストレス発散、注意力や意欲の向上など対象者の目的に合わせ活動を選択します。

   

道具の工夫:自助具

障害があっても生活がしやすいように、食事や更衣動作家事動作に必要な道具の紹介や作製を行います。

   


 ▲ページトップへ
 ◆言語聴覚療法Speech-Language-Hearing TherapyST

言語聴覚療法部門では、言語聴覚士が、ことばによるコミュニケーション、注意・記憶などさまざまな高次脳機能、食べること・飲み込むことに関するリハビリテーションを行っています。当部門では、患者様・御家族が安心・納得し、積極的に訓練に取り組めるよう、丁寧な問診・説明を心がけています。体調・意欲に配慮し、患者様の気持ちに寄り添いながら訓練を進め、機能回復・生活再建を目指します。家族指導や日常生活に関するアドバイスも積極的に行っています。また、就学前のお子様の構音評価・訓練も行っています

 ▲ページトップへ

言語聴覚療法の内容

失語症

大脳の言語領域が損傷を受けることで、「聴く・話す・読む・書く」という言葉の機能が障害された状態を言い、日常会話や仕事が困難となります。記憶力や判断力は保たれており、「認知症」とは異なります。
訓練では「聴く・話す・読む・書く」という4つの機能について、改善を目指しさまざまな練習を行います。また、会話の能力を高める練習やコミュニケーション方法のアドバイスも行います。

構音障害

舌や唇などの麻痺などにより、「ろれつが回らなくなる」「大きな声が出にくい」といった状態になり、発話が困難となります。失語症と異なり、言語機能は保たれているので、50音表を指さしたり、文字を書いて意思疎通を行うことがあります。発声訓練や口腔器官の筋力アップ、運動機能訓練などを行います。

   
摂食・嚥下障害

認知の問題や感覚の異常、運動障害により食物や液体をうまく飲み込めなくなります。低栄養や誤嚥性肺炎の原因になります。

口腔器官の運動機能訓練や飲み込みの力をつける訓練、食事形態の調整や姿勢の検討、トロミ剤の調整などを行い、誤嚥することなく安全に食事ができるようにアプローチしていきます。

   


 ▲ページトップへ
 ◆トピックス

4月より、理学・作業・言語の全職種による訪問リハビリが開始となりました。
より一層、幅広いニーズにお応えし、安全・安心な在宅生活のお手伝いを目指していきます。